サプリメントで膝の痛みを解消しよう|軟骨を作りだす

女性

めまいなどに効果がある薬

薬膳

体の不調を感じたら

成熟期から老年期に移る際、体や心に様々な変化が生じることがあります。女性に多い更年期障害ですが、近年では男性でもなるケースが増えています。更年期はホルモンバランスが乱れたり、生活環境が変化しストレスがたまることにより起こります。症状の出方や重さも個人差があり、ホルモン補充薬などの一般的な薬では対処できないことがあります。更年期に良いとされているのは漢方です。漢方は様々な生薬が入っており、一人一人の体質や体格など状況に合わせて処方されます。漢方薬には体格ががっちりとした人向けの実証、痩せていて虚弱体質の方の虚証、この2つの中間にある中間証の3つのタイプに分かれており自分はどのタイプなのか見極めることが大切になってきます。漢方薬は西洋の薬と違い更年期に関しても速効性は見られませんが自分にあったものを選ぶことができます。

どのようなものが良いか

更年期に効果を出すものとしては当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散の3つがあります。当帰芍薬散は虚証タイプのもので、よい睡眠をとる手助けをします。貧血がひどく動悸がする、疲れやすいといった症状にも効果があり、血の巡りを良くしてくれます。桂枝茯苓丸は中間証から実証タイプのもので、のぼせやめまい、便秘、冷え、赤ら顔に効果があります。更年期に多いホットフラッシュにも対処できる薬です。加味逍遥散は虚証タイプです。頭痛やめまい、不安やイライラといった自律神経に関して効果があります。加味逍遥散は更年期障害が起きた場合に処方されることの多い漢方です。漢方薬は食間に飲むのが基本です。数日間飲んだだけでは効果が現れないこともあるので、数か月は同じものを使用するようにします。

Copyright© 2016 サプリメントで膝の痛みを解消しよう|軟骨を作りだす All Rights Reserved.